さすがにOffice2007を使っているユーザーは少なくなってるきがしますが…

画像や図形が重なった状態で配置されているOfficeデータをOffice2007で開くと、前面に表示されているはずの画像・図形が他のオブジェクトの後ろに隠れてしまっている場合があり、表示順序を変更しようとしてもできないことがあります。

自分が遭遇した現象は、Office2000で作成したデータで、カメラ機能で挿入したオブジェクトの上に画像を張り付けたものが、Office2007で開くと画像がカメラ機能のオブジェクトの下に隠れてしまっているというものでした。
 (最初からOffice2007で作成しても同じ状況になる)

どのようなときに発生するかなどは以下のマイクロソフトのページに説明がありますが、残念ながら解決策はないようです。
バグという認識じゃなく、”仕様”という認識みたいです…。



Officeのバージョンが異なるとこのようなトラブルが発生することも多々あるので、企業などでOfficeを最新バージョンに変更した際には、以前のバージョンで作成したOfficeデータがちゃんと開けるかどうか、体裁は崩れないか、などしっかりと検証が必要になります。
また、企業間でデータのやり取りをする際にも注意が必要です。相手方と自社のOfficeバージョンの違いにより、相手方でちゃんと見えないなんていうトラブルが発生する可能性があります。

最近は無料のOffice互換ソフトなんてのもありますし、それを利用する企業も出てきているので余計にデータのやり取りに注意が必要になっています。
前職でヘルプデスクをやっていたときもよく問い合わせを受けていました。こんなことに余計な労力をとられたくないですよね…。