m-car03-01

カテゴリー:F1
マシン:JORDAN HONDA EJ12
チーム:DHL・ジョーダン・ホンダ
ドライバー:佐藤 琢磨
メーカー:Pauls Model Art社 ミニチャンプス
スケール:1/43

m-car03-02

m-car03-03

タイトルはジョーダンホンダEJ12となっていますが、写真の台紙を見ていただくとわかるように、「First F1 Grand Prix JORDAN HONDA EJ12 T.SATO RD.1 Albert Park 2002」にモディファイ(修飾、修正)しています。
そう、琢磨選手がフルタイムF1ドライバーとなった2002年の第1戦の記念すべきマシンです。

今回のモディファイはとても簡単で、市販のデカールに貼りかえるだけ。
使用したデカールは、ミュージアムコレクションの「MC-D239 1/43 ジョーダンEJ12&BAR005テスト」。

変更箇所のデカールを剥がし、このデカールを貼っていきます。デカールが剥がしにくい場合は、ちょい荒めのコンパウンドなどを使って削ってもよいかも。(あまり荒すぎると傷つくので注意)
デカールは水に数秒~十数秒つけて剥がすやつです。

デカールの粘着力が弱い場合は、マークセッターという接着剤を使います。
凹凸があり、デカールが貼り付けづらい場所に貼る場合は、マークソフターという軟化剤を使うとよいです。

ま、この辺はネットで調べていただければいくらでもでてきますので省略 ( ̄∇ ̄*)ゞ


※欧州ではミニカーにタバコや酒メーカーのロゴを貼付することが禁止されています。
そのため、市販されている通称”タバコデカール”で、より実戦モデルに近づけるモディファイをする人がいるわけです。